xwindow

2011年10月28日

以前のエントリーで、xwindowのキーマップを変えて、Apple wireless keyboardの「英数キー」を「alt」に変更する方法を書いた。
ubuntu 11.10にしたら、このxmodmapを読み込んでくれなくなってしまった。
手動で再読み込みさせると無事反映されたので、対処療法として個人環境の自動で起動するアプリにコマンドを書くことにした。
右上のギアマークをクリックして「自動起動するアプリケーション」に以下を登録する。

xmodmap /home/<userid>/.xmodmaprc

.xmodmaprcのパス指定でホームディレクトリを表すチルダを使うとうまくいかないので、ご注意。

sylphide_ffr31mr at 18:36コメント(0)トラックバック(0) 

2011年06月15日

Apple Wireless Keyboardをubuntuで使っているが、Emacsを使い始めて困ったことがある。
Altキーが押しにくすぎるのだ。
そこで、スペースキーの隣にある、「英数」キーを「Alt」に変更した。
手段は、Emacs的にキーバインドを変えられるかと思ったのだが、それがなかなかむずかしい。
そこで、Xwindow的にキーマップを変えることとする。
昔は、けっこう大変だったと思ったが、いまはこんな簡単に変更できる。

eisuu-key

手順は以下。

1.xevでkey codeを調べる

xevコマンドを実行すると、X windowのイベントを逐次表示してくれる。これで、変更したいキーを押すと、以下のようなイベント情報が表示され、そこでkey codeがわかる。

KeyPress event, serial 33, synthetic NO, window 0x4600001,
root 0x168, subw 0x0, time 2917556, (17,-4), root:(1112,189),
state 0x0, keycode 131 (keysym 0xffe9, Alt_L), same_screen YES,
XKeysymToKeycode returns keycode: 64
XLookupString gives 0 bytes:
XmbLookupString gives 0 bytes:
XFilterEvent returns: False
      

Apple Keyboardの「英数」キーは、key codeが131とわかる。

2.".xmodmaprc"の作成

ホームディレクトリに、".xmodmaprc"というキーコードの対応表があれば、3項へ。存在しなければ、以下のコマンドで作成する。

xmodmap -pke > ~/.xmodmaprc

3.編集

以下の行を、

keycode 131 = Hangul_Hanja NoSymbol Hangul_Hanja

以下のように書き換える。

keycode 131 = Alt_L Meta_L Alt_L Meta_L

4.適用

xmodmap ~/.xmodmaprc


sylphide_ffr31mr at 00:05コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ