Sheet

2010年05月20日

Googleが発表したFont API。フォントは、ローカルPCにあるものだ、という既成概念をうち崩し、ネットワークからフォントを提供するというもの。 Google Font APIのGetting Startedを見ながら、まさに見よう見まねでやってみた。

ブログのカスタマイズの画面から、「トップページ」と「個別記事ページ」のテンプレートに以下を追加。Tangerineのところを変えれば、いろいろなフォントが選べる。Font名は、Font Directoryから選べる。

<link rel="stylesheet" type="text/css" href="http://fonts.googleapis.com/css?family=Tangerine">

スタイルシートに以下を追加。影付きの効果も入っている。

.gfont {
font-family: 'Tangerine', serif;
font-size: 48px;
text-shadow: 4px 4px 4px #aaa;
}

そして、ブログ記事のHTMLで以下のように書く。

<p class="gfont">Google Font Sample</p>

すると、こうなる。

Google Font Sample

早く日本語フォントもでてほしいな。



sylphide_ffr31mr at 23:53コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
最新コメント
プロフィール

やすき

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ