薄い財布

2010年12月16日

わがまま言って、妻から早くもらっちゃいました。
クリスマス&誕生日プレゼント。


さっそく開けちゃう。
じゃじゃ~ん。

右側はお財布。左側は、"あの象"がついているメモ帳。
詳しくは、以下の商品説明を見てもらったほうがわかりやすい。

もらってから、一週間ほど使っているが、実に使い勝手がいい。
simple is a bestというか、最小限の機能美とでもいうか。

まず、財布。
商品説明にあるとおり、カードの類は5枚しか入らない。
いままでは、あちこちの店のポイントカードや、スタンプカードやら、20枚くらい突っ込んであったが、頻出するものだけに絞ると、5枚で十分。
主要コンビニ3社のポイントカード、近くのドラッグストアのポイントカード、会社の行きつけのコーヒー屋さんくらい。
銀行カードや、クレジットカードは、元々別のカードケースに入れている。
あとは、思い切って、鞄にいれっぱなしのカードケースにしておいても、なんら不便はない。

あと、心配だったのは、小銭入れがとても小さいこと。
使ってみると逆に、何の小銭が入っているかが一目瞭然なので、無駄に探す時間がかからず、スムースに支払いが終わる。
そして、大事なことは、小銭が一杯になっているということは、金額の端数が支払える確率が上がるので、小銭の数が増えないように端数を出すことができる。
結果、一杯になって入りきれない、という状態には、なりにくい。
それでも、入りきれなくなったら、ポケットにじゃらじゃらでもいいと思うが、今のところそういう状態にはなったことがない。

そして、Evernoteとタイアップしたメモ帳。
商品紹介にあるとおり、A4用紙の1/8サイズにぴったしな大きさ。蓋の部分には、カードが一枚入るので、通勤定期のPASMOを入れている。
このPASMO、半年に二回もIC部分が壊れてしまった。今までは、お尻のポケットに入れていたからか、と思い、このメモ帳と共に胸ポケットに引っ越しです。
さて、仕事中はシステム手帳を持ち歩き、メモはそこにいつもしていた。手帳を持っていないときは、iPhoneで自分にメールするとかもしていた。
紙は、できるだけ使わなくする、そう考えていたわけだが、スキャンしてEvernoteに保存する、という発想がなかったからだ。
結構、電車に乗っている時や、歩いているときにも、人はいろいろ考える。
その時、ふと、メモしたいとき、iPhoneでは、
  • ポケットから取り出す
  • ロックを解除する
  • メモアプリがあるページにスクロール
  • メモアプリの起動
  • (場合によっては)新規ノートの作成
といった手数が必要になる。
紙なら、その半分だ。
しかも、細かく書けるし、線も自由自在だ。字は下手なので、読みにくいが。
このすばやさ、は、頭から逃げないうちに、とか、面倒がらないようにとか、メリットが大きい。
しばらくは、試行錯誤も続くだろうが、使い続けたい!と思えるアイテムである。

iPhoneを持った時、使うことが楽しいと感じた。その楽しさが便利さと共にあることで、何年も使い続けるモチベーションとなる。
abrAsusのこの2つの製品は、同じ種類のときめきを与えてくれた。
そして、最初にも書いたが、シンプルであること。それがこの製品の、最大のよさだと思う。



sylphide_ffr31mr at 21:21コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
最新コメント
プロフィール

やすき

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ