キーボード

2011年10月26日

IMG_2011_10_26_22_20_56_2486-800

iPhoneと外付けキーボードがなかなか快適なので、そこで使えるショートカットキーを以下にまとめる。
 
まったくもってファンクションキーが使えないし、コントロールキーにも、ほとんど機能が割当たっていない。emacs的にいうと、非常に持ったいない。
この辺りのキーボード利用を考慮したカスタマイズできるエディタを作って欲しい。
また、ショートカットもここにあげた以外いのものがあれば、是非教えてほしい。

入力中のキー操作
UNDO command+z
前の入力に戻る command+z
次の入力に進む command+shift+z
文頭にジャンプ command+↑
文末にジャンプ command+↓
全選択 command+a
行頭まで削除 command+delete
入力言語の選択 command+space
アルファベット 英字入力 SHIFT+
文字選択 SHIFT+←→
カーソルを行頭へ CTRL+a or command+←
カーソルを行末へ CTRL+e or command+→
改行 CTRL+j or m
バックスペース CTRL+h
タブ CTRL+i

変換中のキー操作
変換候補リストの消去 変換候補の先頭で←してからenter
変換文節の区切りの変更 SHIFT+←→
変換中文節の確定 Enter
変換候補の選択 カーソルキー
次の変換候補 CTRL+f
前の変換候補 CTRL+b

変換といえば、予測変換候補がなかなか鬱陶しい。
予測変換候補を出力する時に、キーの取りこぼしがあり、入力文字と変換候補の選択に不一致が生じることがしばしば。 さらに確定したときに、余計な助詞が入ったりすることも多く。
ハードキーボードとソフトキーボードの微妙な使い勝手の違いがある。
このあたりも、洗練してくるといいのだが、優先度は低いだろうな。

sylphide_ffr31mr at 23:08コメント(0)トラックバック(0) 

2011年10月22日

ここ数カ月、仕事が忙しくブログを書く余裕がなかったが、それも徐々に落ち着いてきて。
ブログの原稿や考えを整理するメモなどの、比較的長い文章を帰りの電車の中で書けないものか、と考え始めた。
iPhoneのソフトキーボードは、長文書きには無理があるし、ノートPCは持っていない。
ポメラでも買うかと思ったが、ポメラは日本語変換の精度に問題がありそうだし、と考えているうちに、iPhone+Apple wireless keyboardなら、ポメラの代わりになるのではないかと思いついた。

Apple keyboardは、iPhone3Gのときに接続して試してみたものの、もっさり感が多く、実用にはほどとおかった
それ以降、iPhone4になってつなげてみていなかったのだが、プロセッサの性能向上や、OSのアップデートにより、ずいぶん使いやすくなっていた。

さて、電車の中で使うには、テーブルの上で使うのとはわけがちがう。
膝の上で使うので、広さは限られている。また、iPhone本体をスタンドに置くだけでは、電車の揺れで落ちてしまう。
Apple Keyboardにうまく固定してやる方法を考えることにした。

しかし、このApple keyboardは、シンプルなデザインなだけに、何かを取り付ける余白がほとんどない。
なんとか足の電池部分の突起を利用するしかない。

ということで、大きめのクリップを使って、こんなのを作ってみた。
IMG_2011_10_22_16_32_40_2371
クリップの穴に、1/4ボルトとナット(三脚穴の標準規格)で小型の雲台を固定し、その雲台に携帯を挟んで固定するホルダを取り付ける。
クリップは金属製なので、Apple Keyboardを傷つけないように、スポンジ状のテープで養生する。

取り付けると、こんな感じ。
IMG_2011_10_22_16_37_15_2372

IMG_2011_10_22_16_37_44_2373

スポンジが厚すぎたため、そのぶんの揺れが生じる。
もっとマットタイプのテープならいいかもしれない。

さて、問題は。
これを衆人環視の電車内で取り出して、使う勇気があるでしょうか・・・。




sylphide_ffr31mr at 17:09コメント(1)トラックバック(0) 
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ