その他

2010年03月01日

いつもの会社の近くの「ローソン」。
買い物したら、ポイントカードの加入キャンペーンだとか。
ローソンは、家の近くにはないけど、会社ではいつも使うので申し込み。
けして、おまけでくれたエクレアに釣られたわけではない・・・と思う。(笑)

あとから調べてみると、今日から三菱商事の元、pontaなる異業種間ポイントカードを始めたらしい。

http://mainichi.jp/select/biz/news/20100302k0000m020069000c.html
 
Tカード、ナナコ、ヨドバシなど、いっぱい増えたなぁ。
ま、どれもレジでそのまま円として使えるからいいけどね。

ポイントサービス間の変換サービスなども考え始めると、もう面倒くさい。

しかし、三菱だったかぁ。ま、いいけど。(^^;

sylphide_ffr31mr at 22:29コメント(0)トラックバック(0) 

2010年02月17日

最近、ぼくの周りでもtwitterをはじめてみました、という人が多いようです。
なので、自分なりに使い始めから慣れるまでのポイントをまとめてみます。

1. まず100人ほどフォローする

    twitterは、たくさんの人のつぶやきを見ないと、楽しさがわかりません。
    なので、twitterの正式webサイトを使って、最低100人はフォローしましょう。
    誰をフォローするかは、以下の3点で探します。

    (1)twinaviなどで有名人や有用IDを探し、興味深い人を登録。(ビルゲイツとか、鳩山首相とか、ホリエモンとか、和ちゃんとか)

    (2)キーワードサーチで、興味あるキーワードを入れて、出てきた人をかたっぱしから登録。

    (3)キーワード検索で出てきた人がフォローしている人を、適当に登録。

2. しばらくながめる

    発言しようとか、あまり考えず、タイムラインに流れてくるつぶやきをながめていましょう。
    ほとんどのつぶやきはスルーすることが大事です。でないと、時間がいくらあってもたりません。
    興味ある単語をみつけたら、そのリンク先のページを見るとか、画像をみるとかしてみます。

    流れるタイムラインをみているだけで、なんとなく、世の中で話題になっていることが、わかるようになってきます。
    自分が興味あるジャンルのtweetをもっと見たければ、上記1-(2)を数日おきに何度かやってみます。
    また新しいキーワードを思いついた時に、こまめに繰り替えします。おそらくgoogle alartとかにセットしているキーワードと重なるでしょう。

    さりげない挨拶に、RTで挨拶を返してみたりするうちに、投稿にも慣れてきます。

3. クライアントを探す

    web画面に慣れてきたら、自分が使いやすいクライアントソフトを探しましょう。
    「twitter クライアント」とかでググると、いっぱいでてきます。
    やはりiPhoneとtwitterの相性がよいようで、iPhoneのネイティブクライアントが秀逸です。ぼくはiPhoneではTweetMeを使っていますが、ubuntuではどうしようかと探していると、rubyで作られた非常にシンプルなコマンドラインのクライアントtwtrがありました。
    twtrについては、次の記事で。

そんなの面倒だと思う向きや、日々のfeedを読むだけで情報過多だ、という向きには、お薦めしません。twitterがなくても、生活になんら支障ありません。テレビのバラエティの替わりだ、くらいに考えましょう。

フォローする人の選択などを工夫するうちに、情報収集ツールとしての利用法にも慣れてくるでしょう。



sylphide_ffr31mr at 21:59コメント(3)トラックバック(0) 

2010年02月11日

昨日のディスプレイに続き、プリンタが届いた。
Canon MP-560である。
選定は、インクが独立して各色ごとに替えられることと、スキャナが付いていること。
それで一番安いのが、これだった。


下は、今まで使っていたCanon PIXUS 550i。
MP-560は、スキャナが付いてるし、用紙をいれるカートリッジトレイも付いているからか、でかいなぁ。

さて、windowsとMacしかドライバがないだろうなと思っていたら、なんとサイトではLinux版も出してくれていた。
http://cweb.canon.jp/drv-upd/bj/other.html#linux

ここから、Printer用Scanner用のドライバをそれぞれ落とす。
ubuntuは、Debian用のパッケージ(拡張子deb)と互換がある。
tar.gzの圧縮を展開すると、install.shがでてくるので、それをsudoを使いroot権限で実行しておしまい。

Printerは、「システム」ー>「印刷のメニュー」で登録されたプリンタを見ることができる。
Scannerは、アプリケーションメニューのグラフィックカテゴリにあるgimp上でのみ使うことができる。
gimpを起動して「ファイル」ー>「画像の生成」ー>「ScanGear MP」を選ぶと、スキャナが動いて画像を読み込んでくれる。

いろいろうちではプリントがなくなったりするので、大事なプリンとはスキャニングして電子ファイルで取っておくに限る。ははは。



sylphide_ffr31mr at 22:57コメント(0)トラックバック(0) 
iiyamaの22インチディスプレイProLite E2209HDSが届いた。

いままで使っていた15インチと、大きさ比較。

解像度もあがり、横方向は2倍、縦方向1.4倍。
広い広い。

こんな横長のディスプレイは会社でも使っていないので、なんか右半分しか使っていないような。
 

sylphide_ffr31mr at 14:13コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月29日

Sun MicrosystemsをOracleが買収した。
データベース市場におけるOracleのライバルMySQLをも取り入れてしまったかたちだ。
ソフト会社が、コンピュータメーカーを買収するのは、めずらしいケースなのではないだろうか。
Sunはメーカーといっても、ソフト会社的な側面のほうが大きいかもしれないが。

ぼくのUNIX初体験は、大学で使ったSunOS 4.1.2だった。
就職先でもSolarisを使っていた。商業インターネットの黎明期、UNIXが必要だったので、大学で慣れていたSunで会社の設備を作ったのだ。
その後も、SunOneなどのメッセージングサーバの面倒を見たりと、なんだかんだ約20年以上の付き合いになる。

Sun MicrosystemsのJames Gosling氏のブログに印象的な画像がアップされた。
Linuxペンギンの TUXくんが、 JAVA Dukeくんをなぐさめている様が、涙を誘う。

Sunがインターネット発展に残した功績を否定する人はいないだろう。
素直に冥福を祈りたい。



追記
Oracleの事業方針

sylphide_ffr31mr at 14:52コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月27日

sylphide_ffr31mr at 12:48コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月08日

えらい凝ったペーパークラフト達をみつけた。

AXM Paper Space Scale Models


IMG_2605sm


あらゆるスペースシャトルのバリエーションがある。
Challenger、Discovery、Atlantis、Endeavourといった機種の違いから、ミッションごとのペイロード(貨物)の違いまで、偏執的なまでのこだわりで作られている。

こちらのギャラリーで、いろいろ見れる。

作るためには、まず組み立てマニュアルのページから、基本的なスペースシャトル本体などの組み立て方と、基本パーツをダウンロードする。
シャトルのペイロードベイ(荷物を背中の積む扉)が閉まっているバージョンでは、これだけで作れる。

次に、各ミッションリストのページから、好きなミッションを選び、それに応じたペイロードを選ぶ。

Canonが公開しているペーパークラフトのボーイングと組み合わせて
あるのもかっこいい。縮尺が合っているのだろうか。

scarich


Canonのボーイングのページはこちら

他にも国際宇宙ステーション(IIS)のモデルもあるようだ。

ひとつ作ってみよう。



sylphide_ffr31mr at 20:57コメント(2)トラックバック(0) 

2009年12月01日


会社の近くにて。 七夕みたいだけど、ちょっとロマンティックでいいですね。


sylphide_ffr31mr at 19:37コメント(0)トラックバック(0) 

2009年10月03日


よみうりランド丘の湯で、蕎麦を頂きました。

sylphide_ffr31mr at 13:04コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
最新コメント
プロフィール

やすき

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ