科学

2011年12月10日


本日の月食。

IMG_2011_12_10_23_11_58_3296-800

普段は、月が明るすぎて、星と一緒には撮れない。
下の写真は、皆既月食 のときならでは。
30秒露出なので、流れているけど。

IMG_2011_12_10_23_14_33_3299-800


食の始まり(欠け始め)21:45
皆既の始まり23:05
皆既の最大23:32
皆既の終わり23:58
食の終わり(満月に戻る)01:18




sylphide_ffr31mr at 23:57コメント(0)トラックバック(0) 

2010年06月19日

いつもいくパズル屋さん「Newton Style」で買った「地球ゴマ」。
おもしろい動きをするので、子供たちにも大人気でした。
原理的なことや、その応用については、うまく説明できないので、wikipedia「地球ゴマ」の項や、「ジャイロスコープ」の項等を見てください。



これは、シャッター速度を速くして、動きを止めた写真ですが。
実際には、傾いた軸が円を描いて動いています。
wikipediaにYOUTUBEの動画リンクがあるので、それを見てもらった方がいいですね。


sylphide_ffr31mr at 11:42コメント(0)トラックバック(0) 

2010年06月08日

世の中、iPhone4の話題で盛り上がる中、あえて「はやぶさ」のネタです。
だって、今週末ですよ。
iPhone4の発売は、6/24(木)ですが、はやぶさが帰ってくるのは、6/13(日)ですから。

さて、今日、家に帰るとAmazonさんから荷物が到着してました。
つい先日、Amazonで見つけて即買いした、 小惑星探査機「はやぶさ」のプラモデルです。



写真下の黒いのは、大きさ比較のためのiPhone 3G。
意外とでかいです。



わくわくと開けると、箱の大きさの割にはパーツが少ない。
でも、細かいパーツがけっこうあるので、作りがいはありそうだ。

左が太陽電池パネルやアンテナなどの装備系。
右上が立方体になる本体部分。
右下が飾るための台。なんと、探査対象であった小惑星「いとかわ」の形をしています。

特徴的な、A系からD系までの4つのイオンエンジン部分は、こんな感じ。



しかしこれ、塗装はどうするかな。黒は簡単だけど、金色なんて。
わざわざ塗料を買うのも面倒だし、折り紙の金色紙でも貼ってみるか。
プラスティックに色を塗るより、断熱シートらしさが出るかもしれん。

それにしても、カプセルと分離した後、はやぶさ本体はそのまま地球に再突入して燃え尽きてしまうらしい。回収は、コストがかかりすぎるのだろうけど、やっぱりもったいない。
当初の予定では、カプセル分離後、惑星間軌道に乗せてどこまでも飛び続けるはずだったが、イオンエンジンの不調でそれもだめに。
この絶対あきらめない不屈の精神は、思い出とともに心にとどめましょう。

それにしてもいろいろ不思議。
メーカーサイトでは6月下旬発売とあるけど、もう届いてしまっていいの?
あと、定価¥2100とのことですが、Amazonで¥1950で買えました。
なのに今、Amazon見ると、¥4600とか出てるけど、何これ? 時価?

(追記)
どうやら、メーカーさんのほうで早めに出荷できたようです。
メーカブログ



sylphide_ffr31mr at 23:15コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ