カテゴリ未分類

2009年08月04日

うちの二番目ちゃんは、ひらがなとカタカナが読めるようになり、一部のひらがなを書けるようにもなってきた。
子供はよく鏡文字を書くというが、例にもれず二番目ちゃんも鏡文字を書く。
「く」を書くと「>」となるのだ。
何度、正しい「く」を見せても、書くだんになると「>」になってしまうのだ。
そんな子供をみていて、ぼくは本当に「>」と見えているのではないかと思えてきた。

心理学や脳科学のサイトをみると、物理的には網膜に投影される像は、上下と左右が逆転した像が見えるとのこと。つまり、虫眼鏡を腕を伸ばして見える逆転した像と同じに見えているのだ。
それを脳の視覚野で逆転像を再度逆転させて、脳は周囲を認識している。

ちなみにカメラもフィルム面には上下左右が反転した像が写っている。なのでファインダーから覗いた像はプリズムや鏡を使って再度反転して人間に見せている

4、5歳以下の子供は、その視覚野での像を反転させる機能がちゃんと組みあがっていないため、ときとして逆転像のまま認識することがあるらしい。環境の上下左右のマッチングがちゃんと紐づいていないのだ。
鏡文字を書いているのをみて、「それは違うでしょ、ちゃんと見なさい」と叱ってはいけない。子供は、「ちゃんと見て」いるが、左右を逆に認識しているだけなのだから。

では、子供の上下の認識はどうなのであろうか。おそらく上下というのは、赤ちゃんのころから、はいはいをしたり歩いたりするために、正しく認識することが必要であり、かなり早期に脳の紐付けがされると思う。
視覚だけでなく、体感で重力を感じることもその助けとなるだろう。
なので、子供でも上下は間違えないのである。


さて、この左右と上下の疑問は、鏡に関する非常に有名な疑問と似ているところがある。

「鏡は左右を逆転した像を作るのに、なぜ上下は逆転した像ではないのか?」

これに関する答えは、以下の本に詳しい。
googleで調べるのもよいが、ぜひ自らの力で理解してほしいと思う。



自然界における左と右

 






at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2009年07月02日

よくわからないが、なにやらすごいことだ。

ロスアラモス研究所、光速を超える電波の送信装置の開発に成功

それにしても、光速を超えたものって"電波"と呼べるのだろうか・・・?

この装置の並んでいる基盤、全部iPhoneだったらおもしろいな。





at 00:00コメント(1)トラックバック(0) 
長いケーブルの余長をどう整理するか、というのは通信屋にとっては、
永遠の課題である。
ケーブルの整理方法におもしろいエントリーがあったのでご紹介。

Cable Decluttering with a Twist





at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2009年06月30日

バンダイから、ドラえもんとコミュニケーションを楽しむロボットが発売された。
http://www.roboken.channel.or.jp/mydora/

16.5cmの大きさで、非常にコンパクトながら、それなりにすごいソフトウェアが
入っているのだろう。
ハード的に興味深いのは、目。
ペーパー液晶になっていて、高精度ながら薄い液晶のようだ。
感情を表現するのに、漫画でも目のパターンはとても多い。

声は、アニメと同じ水田わさびさん。

3万1500円と、ちょっと高いが、それなりに普及してきて、値段もこなれてきたら
是非、一家に一台ドラえもんも夢ではない。





at 00:00コメント(1)トラックバック(0) 

2009年06月08日

ぼくが高校生の頃、なので20数年前。
巷ではRPGといえば、ドラクエ?ファイナルファンタジー?くらいに思われていたころ、パソコンゲーマーの間では、ウルティマ派とウィザードリー派に分かれていた。
ウルティマは、いわゆるフィールド型RPGであり、街から街へ平原、森、砂漠を越えて旅をする。
一方、ウィザードリーは、3Dワイヤーフレームで描かれたダンジョンをひたすらつき進むダンジョン型RPGである。
ダンジョン型RPGは、1つの広大なダンジョンの中をモンスターとの戦闘を繰り返し、キャラクタを成長させていくものであるため、どうしてもストーリー性が弱い。ストーリー志向な日本では、フィールド型RPGのほうが合っていたのだろう。
ドラクエもFFも、広義な意味ではウルティマ型RPGだ。

このウィザードリーは、テーブルトークRPGの起源ともいえるDangion&Dragons(D&D)のコンピュータ版ともいえるほど、キャラクター描写と戦闘ルールがよく似ていた。
そういう意味でD&Dを遊んでいたぼくらは、ウィザードリーにはまっていたのだ。

そして、iPhoneでウィザードリーをクローンしたSorcererが登場した。公式サイトはこちら
しかも無料!
パソコン版のSorcererが無料だからであろう、作者の方には大感謝である。

味もそっけもない線でかかれたダンジョン。
無味乾燥な「xxxは15のダメージを受けた」「xxxは死んだ」などの、機械的なメッセージ。
それでも、必死に経験値を獲得するため、戦闘を続けたくなる魅力がある。
レベルが低い頃のキャラクターは、よく死ぬ。
このゲームでは、セーブポイントからやり直すなどという甘いことはできない。
パーティ6人のキャラクタが全員やられたら、そこで終わりだ。
一人だけ死んでしまっても、その一人を城まで連れて帰り、教会に高いお布施を払って、復活させてもらうしかない。
お布施が払えなければ、「このバチあたりめ!」といわれて、復活させてもらえない。復活させてもらえるまで残りのキャラクターでモンスターを倒し、お金を稼がないといけない。
当然、キャラクタが一人いないと、戦力減で、さらに全滅の可能性が高くなる。

photo1.jpg

 

photo2.jpg

 

photo3.jpg

 

Sorcerer #1は、Wizardry #1を忠実に再現してあり、地下10階まで続くダンジョンもほぼ同じだ。
マップ自体は異なるようだが、各回に施されているトラップや、役割を持った場所はちゃんとある。
ゲームを進めていくと、「そうだったそうだった」と、思い出が蘇って楽しい。

Wizardryとの違いは、3つ。

ひとつは、キャラクタのバックアップ機能が付与されている。
冒険をはじめて、全滅してしまったら、冒険をはじめる前の状態には戻すことができるような親切機能が付与されている。
これは、当時のWizardryにおいて、キャラクタを保存するフロッピーディスク(ディプリケイトディスクと呼ぶ)を、コピーして保存しておく技があった。
それを再現しているものと思われる。

もうひとつは、呪文。
魔法使いおよび僧侶の呪文が多数出てくるが、Wizardryでは「DIOS」「MAHALIRO」など意味不明の文字列であった。なので、新しい呪文を覚えたら、使ってみるまで効果がわからない。
しかし、ある程度命名規則があり、レベルが上がってくると、この呪文は、こっちの呪文の高度なやつだな、とかわかるようになっていた。
Sorcererでは、「HEAL」「FIRE BALL」と英語表記になっているので親切である。

最後は、マッピング機能。
Wizardryでは、ダンジョンは、各フロアは20マス×20マスの広さがあることがわかっている。そして、進んでいくうちに、さまざまなトラップ等もあり、自分がどこにいるかわからなくなることが多い。
そんなときに、x座標とy座標、いま向いている東西南北がわかる呪文がある。
そうした情報を頼りに、各フロアの地図を、方眼紙に書いていくことで、ダンジョンの地図ができあがる。
Sorcererでは、そのマッピング機能が強化されており、座標を表示するときに、当該フロアで通ってきた部分のみの地図がグラフィックで表示されるのだ。
これは便利。
photo4.jpg
その他、Wizardry時代は、戦闘で死んでしまったときに、ディプリケイトディスクに死んだ情報が書き込まれる前に、ディスクをEJECTしてしまい、書き込みエラーにして、キャラクタが死ぬのを守るという技があったが(それでフロッピーディスクドライブを壊しそうになる)、それもiPhoneのメニューボタンを押すことで再現できる。

現在は、4Fのモンスターアロケーションセンターで全滅しないようになりつつあるところまでレベルが上がったので、これからクラスチェンジをして忍者と侍を育てられるようにしているところである。

 

 



at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2009年04月27日

妻が『たまごかけごはん300』なる本を買ってきた。

たまごかけごはんとは、一般的には「生卵+ご飯+しょうゆ」で成り立つものだが、この本では「生卵+ご飯+α」であり、このα部分を何にするかで、300ものバリエーションがあるという。

そういえば、以前、「たまごかけご飯専用醤油」というのが流行ったことがあった。これはいわゆる出汁醤油なのだが、たしかにただの醤油をかけるよりもおいしくなった。

さて、この本では300もあるので、もうなんでもありなのだ。αに、ケチャップやソース、マヨネーズなどはあたりまえ。納豆マヨとか、はんぺんとか、とにかく考え付く食材すべてが、たまごかけごはんに合うらしい。
読んでいて、この本を作った人たちのたまごかけご飯にかける情熱と愛情をひしひしと感じてしまうのだ。

うちでは、最近、たまごかけご飯には麺つゆをかけるのが流行っている。ダシと醤油という点では「たまごかけごはん専用醤油」と同じ原理であるから、うまい。

たまごかけご飯を愛する全ての人に読んでみて、実践して感想を書いてほしいものである。

 






at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2009年03月29日

2009年映画ドラえもん『新・のび太の宇宙開拓史』を観てきた。

1984年に公開された映画ドラえもん『のび太の宇宙開拓史』のリメイクである。
脚本は、水田わさびドラの作品第2弾『のび太の新魔界大冒険 ?7人の魔法使い?』のときと同じ真保裕一である。
ぼくにとっては、大山のぶ代ドラの劇場版の中でも一番好きな作品。それだけに、脚本が真保裕一でよかった。
とはいえ、昨年の『のび太と緑の巨人伝』がストーリー破綻していたので、不安ちょびっと、期待大で劇場に向かった。

さて、結論からすると、とてもおもしろく、よくできていた。
原作にないヒロインキャラがいて、ストーリー上重要な役となったし、ちゃんと着地点に降り立った終わり方であった。
まとまりすぎていて、ちょっと物足りない、ともいえる。
リメイク映画としては三作目にあたる本作。
『のび太の恐竜2006』、『のび太の新魔界大冒険』ともに、印象的なラストシーンが演出されていたが、今回はそうしたインパクトが足りなかったことが惜しい。
とはいえ、キャラクタのリアクションやコーヤコーヤ星の世界観はよく描かれていて楽しめた。

その他、細かいことだが、オープニングアニメーションで、のび太のお父さんが画家に変身したのが印象的。お父さんは画家になりたかったと語るエピソードがあるからだ。

そして映画のあと、劇場の売店でドラえもんのジグソーパズルを買った。
通常のものと、立体もの。

まず普通のジグソーパズルを作る。
IMG_2009_03_29_6016_1.jpg


そして、はじめての3Dジグソー。
顔だけできた。なかなか楽しい。

IMG_2009_03_29_6022_1.jpg


あと一つ!


IMG_2009_03_29_6028_1.jpg


完成~!

IMG_2009_03_29_6035_1.jpg

 

それにしても映画のURL http://doraeiga.com/2009/ となっていて、年号のところを戻していくと、それぞれの年の映画がでるのだが。

是非、2112年にも特別ページを作っておいてほしい。
気づいた人だけ見れる隠しページって楽しいじゃない。

 






at 00:00コメント(1)トラックバック(1) 

2009年03月23日

すごいなぁ。

産業技術総合研究所のHRPシリーズは、なかなかマニアックで楽しい。
今回発表されたHRP-4Cは、なんと女性型。しかもバッテリーを含めて体重が人間並の43Kgになっているというこだわりよう。

HRP-3は、出渕裕にデザインしてもらうというこだわりであった。

ますます楽しみなロボット技術である。

 






at 00:00コメント(1)トラックバック(0) 

2009年03月06日







at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2009年02月19日

今、sekai camera(youtube画像)が話題だ。
まるで『電脳コイル』みたい、とおもったのはぼくだけではあるま
い・・・。






at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ