パズル

2009年09月21日

うすっぺらいキューブパズルです。


六面を揃えることは簡単です。2×2×2のキューブより簡単でしょう。
よっぽど、このキューブの構造を想像するほうが難しいです。



中心のマスが、すこしたわんでいるのがわかるでしょうか。
通常のルービックキューブに比べて、柔らかなABS樹脂が使われているので、けっこう無理をしている構造なのだと思いますが・・・。
 

sylphide_ffr31mr at 21:04コメント(0)トラックバック(0) 

2009年05月19日

我々が小学校の頃に大ブームがおとずれ、その後も細かなブームが幾度となくおこり、発売から30年以上たったいまでも、現役で売られているルービックキューブ。
いまさらながらに、6面を完成できるようになったので、嬉しくて毎日遊んでいる。

それにしても、うちにあるキューブを集めてみたら、けっこうな数になった。
IMG_2009_05_19_0076-400.jpg

全部で10個。

一番右列の上のキューブは、日産のCubeの販促グッズ。たまたまディーラでみつけて、お願いしたら快くいただけた。日産のメカニックさんありがとう。(営業さんだったらくれなかったかも・・・)

右下のあおむしは「はらぺこあおむし」の作者、エリック・カールの生誕80年を記念して作られたもの。純正なルービック社のものである。

右から二列目は、ルービック社のではないキャラクターもの。不二家のペコちゃんのキューブは、子供がもらったおかしに入っていたので、姉妹あわせてふたつある。(三番目が産まれる前にもらったものと思われる)

三列目は、正当なルービックキューブ。3x3x3と2x2x2のもの。

最後の四列目は、ガチャガチャで出てきたミニキューブ。

 ルービック社製のではないキューブは機構も材質もよくないのか、回転が硬かったり、ひっかかりやすくて、回していくだけで手がいたくなるほど。
なので、うちの子供たちには、純正のキューブならバラバラにしてもいい、と指導中。

 






at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2007年10月04日

ペットボトルの蓋。
蓋は、飲み口の穴を上からふさぐためのものなので、蓋の直径は飲み口の内径より明らかに大きい。
それが・・・。
botle1

別に写真トリックがあるわけではありません。
ボトルに穴や開けたり、蓋に傷つけたりしていません。

ま、これはそんなに難しいものではないので・・・。おそらく、読者の方が想像したであろうとおりの方法で実現可能です。
どうやって作るのか想像もつかないような、ほんとうの不可能物体は以下のサイトにあります。
不可能物体ギャラリー





at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2007年09月16日

ハナヤマよりキャストパズルの新作LOOPが発売された。
難易度1の簡単なパズルであるが、シンプルな幾何学造詣の大好きな僕は購入。
ゴールは、完全な輪にすることであるが、初期状態は切り口が合っていない状態となっている。

LOOP1

これは簡単に分離する。

LOOP2

ねじ山を単純に合わせるのでは、どうやっても切り口を合わせられない。

それにしてもキャストパズル史上初であろう、このパズルにはストラップが付属している。
単純であるがこの美しい造詣は、アクセサリーにも使えますとのこと。
LOOP3

親切なことに、このリングのパーツが簡単に分離しないように、磁石で切り口がくっつくようにできている。
けっこう本気でアクセサリーとして使ってほしいという製作者の想いが伝わる。
コンピュータ系の人は、磁性体に磁石をくっつけないように気をつけて使っていただきたい。(えてしてSEは、こうしたパズル好きが多いので)






at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2007年07月18日


愛読するブログ、秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログにて紹介されていたので、二次紹介。

AutodeskというCADソフトの会社が、10枚の写真を出して、CGなのか本物なのかを当てるクイズをやっている。

Is It FAKE or FOTO

最近の映画でも多用されているCGのクオリティの凄さを感じてはいるが、それでも本物映像とCG映像(あえて偽物と言う)を区別できる眼力は養っておきたいもの。
今回やってみて、10点中7点の正解。
もう少しだなぁ。

コンピュータのパーソナル化で、生活が映像・画像に依存することも多くなってきた昨今。
人間の眼力に限界はあるにしても、CGや加工画像かどうかを見極める訓練をしておくことは、騙されないための一つの護身手段だと思う。




at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2007年05月25日

いつも読むブログ「Life is beautiful」で、バラの花びらというパズルが紹介されていた。
5つのサイコロを振って出た目の結果から、ある規則で数値を算出しているのだが、その規則を当てる、というパズル。
やり方は、上記「Life is beautiful」に日本語訳にある。


パズルそのもののサイトは、こちら バラの花びら

最初に与えられている手がかりは、以下。
・算出結果は、偶数である。
・バラの花びら、というパズルのタイトルが重要である。

これ以上読み進める前に、是非トライしてください。

一時間もトライして、わからなければ、以下にヒントを。


10



















ヒント1
・答えは、0を含む偶数である。
・サイコロの色、角度は関係ない。


そこで、ぼくもいろいろ考えてみた。
Google spreadsheetsで、結果の履歴を残して、足したり引いたり、掛けたり割ったり・・・。こんなの。

でも、全然違うんです。


さらに一時間考えてもわからない人。
次のヒントです。

10



















ヒント2

・数字で考えてもだめなんです。
・サイコロの色と角度は関係ないですが・・・。

わかったとき、あ、な~んだ、という脱力感と満足感が半々なところが、とても不思議なパズルです。

 






at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2007年03月21日

こんがらがった糸を、解きほぐしていくのは、なかなかストレスのたまる作業である。だからこそ、全部ほぐれて、一本になったときは、すこぶる気持ちがいい。
イヤホーンの線でもよくある。
仕事柄、マシンラックのなかがこんがりまくっているイーサネットケーブルなどは、線の端が固定されてしまっているがゆえに、難易度が高い。
昨日も、大量に整理したばかりだ。

こうした問題を考えるとき、面と線と交わりから空間をモデル化して、トポロジーを考えて最適化していくことになる。

以下のゲームは、点を動かし、線が交わらないようにするパズルゲーム。
http://www.planarity.net/game.php
やっていると、数時間前までやっていたケーブルの整理作業中と同じ気持ちになってくる。
・・・楽しいのだ。





at 00:00コメント(2)トラックバック(0) 

2007年02月19日

昨晩は、子供たちが早く寝たので、妻と久しぶりのプレステ。

XIをやりたかったのだが、誰かに貸してしまったらしく、ない。 

そんなおり、ちょっと変わった動画配信サイトを知人に教わった。

ニコニコ動画

動画配信の仕組み事態は、YouTubeを利用しているようで、がっかり。

XI関係の動画を検索してみると。

XI-GO

楽天って、YouTubeの動画、貼り付けられないのね・・・。

観ているとますます、やりたくなってきます。






at 00:00コメント(3)トラックバック(0) 

2007年01月05日

友達から貸してもらった、ELK。


がちゃがちゃ やって・・・・。

ELK1

  ・
  ・
  ・
  ・

解けた!

ELK2





at 00:00コメント(3)トラックバック(0) 

2006年12月13日

キャストパズルの新作をみつけた。

その名も「NUT CASE」。
小さな六角ナットが、なんとボルトの中に入っているという皮肉なつくり。
そのボルトも、大きな六角ナットがついている。
内部の小さなナットを取り出すことが、今回の問題。
NUTCASE1

買ったばかりのころは、ねじ山とがナットの山が慣れていなく、回すのがかなり硬い。
もっと精度よく作れよ、と毒づきながらも、子一時間まわしていると、軽く回るようになってきた。手も痛くなり、よっぽど、クレ556でもつけてやろうかと思った。

ネタばれになるので、詳しくはかけないが、二日ほどかかり、やっと解けた!
img93e5c20bzikezj.jpeg

キャストパズルにはめずらしく、第2問がある。
つぎは、外側の大きなナットに彫られている「NUT」と「CASE」の文字。
購入時は、NUT CASEと読めるのだが、これをCASE NUTの順に入れ替えろ、というのが第2問。
明日からは、これにチャレンジだ。






at 00:00コメント(2)トラックバック(0) 
記事検索
最新コメント
プロフィール

やすき

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ