ドラえもん

2009年08月06日

会社の先輩からいただきました。

感謝!

 写真.jpg






at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2009年06月26日

↓これを、父の日にもらいました!

IMG_2009_06_17_1502-400.JPG

何が書いてあるか、わかりますね!

IMG_2009_06_17_1503-400.JPG

すばらしいプレゼントです。
特に、赤い方は、タイム風呂敷の柄なんです!

そして、もうひとつ。

IMG_2009_06_17_1505-400.JPG

ネクタイピンですが、何の形かわかりますか?
ドラえもんのオシリです。どらちゃんのしっぽがみえますかね。
どらちゃんのしっぽです!
このブログのタイトルどおりのネクタイピンがあるなんて!

今週、さっそく会社の人たちに自慢してしまいました。

どうもありがとう!

 






at 00:00コメント(1)トラックバック(0) 

2008年07月24日

来年の春休みのドラえもん映画の公式ホームページが公開されました。

今年の『緑の巨人伝』は、新生ドラえもんスタッフでの初めてのオリジナルでした。

次回もオリジナルでいくのかと思いきや、なんと『のび太の宇宙開拓史』のリメイク。

これは、『のび太の恐竜』に続く長編映画第2作目です。 

ホームページでも、詳しいことはまだ公開されていませんが、予告映像を見る限りでは、出だしは原作と同じようですね。

挿絵を見た印象では、いままでのリメイク作品『のび太の恐竜2006』や『魔界大冒険』のような忠実なリメイクではなく、もっとアレンジを利かせたものになるような予感・・・。

個人的に『宇宙開拓史』は、ぼくが一番好きな長編作品。

リメイク作品では、いまのところ外れはないので、安心して楽しみにしていたいところですが、アレンジをきかせすぎて『緑の巨人』のようにならないことを願うばかりです。

 

 






at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月17日

サイエンスナビゲータと称する桜井さんの新書です。
科学のおもしろさを多くの人に広める活動を続けていて、いろいろな角度から科学解説本を出している。



今回は、ドラえもんの作品や世界観を通して、科学のおもしろさを語っている。

タイトルからすると、ドラえもん自身の開発や秘密道具を、どう現在科学の延長で実現するか、というようなものかと思い読み始めたが、ちょっと観点が違った。
前半部分こそ、量子論を応用して「どこでもドア」の原理を説明する、といったことも論じられているが、大部分は以下のようなメッセージが熱く語られている。
  • 科学には心が大事

  • ドラえもんのストーリーには、オーバーテクノロジーに対する人間の倫理の大切さが、誰にもわかりやすいように描かれている。

  • 藤子・F・不二雄は、偉大である。

  • ドラえもんが大好き。老若男女にいつまでも読み継がれてほしい。

  • 非常に共感する部分も多く、科学大好き、ドラえもん大好きなぼくには、とてもいい本でした。
    ドラえもんを全巻揃えたくなります・・・。

    そして、なんといっても、いま、ドラえもんのアニメを作っている製作スタッフに、こうした精神を理解して、ドラえもん世界のすばらしさを語り継ぐ作品を作っていってほしい、と切に願います。





    at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

    2007年08月31日

    エポック社より、くうき砲シリーズの新製品が発表された。

    従来より、くうき砲やくうきピストルが出ていたが、今回はなんところばし屋とセット。

    くうき大砲日経プレスリリースより

    くうきピストルが、もともとテレビのチャネルを変更する赤外線機能を持っていたので、その応用のようだ。
    ころばし屋にころばされないように、逆にころばし屋を撃ってころばす、という発想がおもしろい。
    ころんでおきあがるところが、とてもかわいいらしいので、おもちゃ屋さんに見に行かなければ・・・。

     

     






    at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

    2007年08月08日

    コンビにでみつけた、ドラえもんタケコプタ扇風機。
    エポック社製らしいが、ホームページに商品紹介がないので。

    ドラえもん扇風機(前)

    優れているのが、電源スイッチ。
    ドラえもん扇風機(後)

    ちゃんと、しっぽが電源スイッチになっているのだ。
    ドラえもんの主電源がしっぽにあることは有名であるが、作中ではめったに使われないので、こうしたギミックが思い出すきっかけになる。

    頭の後ろには、「MADE IN INDONESIA」と。Chinaじゃないんだ、と、ちょっとめずらしいものをみかけた気分。

    それにしてもプロペラの回転音が、予想以上に大きい。
    業務中に使うには、ちょっとためらわれる。
    やはり人力が一番。
    ミッキー扇子
    これもやっぱりキャラクタものか・・・。





    at 00:00コメント(1)トラックバック(0) 

    2007年08月06日

    TV朝日系列で、大人の女性向けブランドが作られた。その名も、「Doraemon'sPocket



    大人の女性のための「ドラえもん」の新ブランド「ドラえもんズ ポケット」のショップ


    大人の女性のための「ドラえもん」の新ブランド「ドラえもんズ ポケット」のショップ。







    子供向けではない上品な色使いで、デザイン化されたドラえもんを見れるのは楽しみだ。女性向けといわず、男性も買いたい。
    大人向けキャラクタグッズができるのは、長寿で広い認知がされている作品だけ。
    ディズニー、キティ、ジブリなど、世界をみてもけして多くない。
    ドラえもんも成長したなぁと、とっても嬉しい。






    at 00:00コメント(1)トラックバック(0) 

    2007年07月18日

    一週間遅れてしまったが、7/13(金)のTV放映で、2008年春公開のドラえもん劇場作品が公開された。

      ドラえもん のび太と緑の巨人伝 

    公式サイトは、こちら

    声優陣の交代後、劇場版は2作共リメイクであっただけに、初のオリジナルストーリーとなる。

    「さらばキー坊」という短編原作を膨らませたストーリーであるらしい。

    公式サイトには、まだ予告編動画と壁紙プレゼントしかないが、おいおい充実していくのでしょう。期待しましょう。

     






    at 00:00コメント(1)トラックバック(0) 

    2007年07月03日


    これも時期を逸した話題ではあるが。
    だからといって、残念がる人もいないであろう情報なのでよいでしょう。

    エポック社より、『ドラえもん うごく!おえかき』が6月23日(土)に発売された。

    これ、一週間前から量販店でデモ展示をやっており、それを知っていたわけではないのだが、うちの一番目ちゃんもイトーヨーカドーで遊んできた。

    らくがきドラえもん
    ちゃんとドラえもんに見えますね。
    こんなふうに落書きすると、その絵が首をふったり、つぶれたりしながら踊る。

    レースゲームのモードもあり、自分で書いた車を操作してレースしたり、敵の車も自分で書いたりできる。

    落書きしたのが動くってのは、まぁ確かに楽しい。

    テレビ画面を写真に撮るのは、なかなか難しい。
    水平同期の縞が出てしまうので、できるだけシャッター速度を落として撮影したが、手持ちではこんなものか。





    at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

    2007年06月04日


    エポック社より、スタンプラリーを模したゲームが発売された。
    どこでもドラえもん日本旅行スタンプラリーゲーム

    ちょっとほしいかも。
    カードが40枚ついているのだが、4人でやったら10回しかできないね。
    カラーコピーしとかなくちゃ。





    at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 
    記事検索
    最新コメント
    プロフィール

    やすき

    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ