2012年09月09日

Evernote × vi

ぼくはEvernoteが大好きで、長年使っている。
そして、vimのカスタマイズが徐々に楽しくなってきている今日この頃である。
そこで考えるのが、vimからEvernoteを使いたい、という発想。
当然、偉大な先人がいて、Evervimというツールを作ってくれていた。
@kakkyz81さんに感謝。

サーバ作業中のログやコマンドのリストなど、テキストを一時保存する機会は多い。ひととおり作業が終わると、その結果や途中のログなどを、ブラウザのEvernoteにコピペしていたが、これで直接vim上からEvernoteに記録することができる。なんて便利!

早速、Mac OSX Mountain Lionに入れてみるものの、なかなか苦労した。 こちらのドキュメントには、

 python及び+pythonでコンパイルされたvim及び
pythonのmarkdownパッケージが必要である。 

とあるが、vimでpythonがちゃんと動いてくれなかったので、結局パッケージ管理のhomebrewを導入し、pythonを入れ、vimも入れることとなった。

ついでにOpenBrowser.vimも入れる。これはvim上からURLやメールアドレスの文字列にカーソルをおき、このプラグインを起動すると、ブラウザでそのURLを開いてくれる機能を追加する。便利だ。
これを入れておくと、Evervimからノートをブラウザで開くことができるようになる。

Evervimでできることは、とてもシンプルであり、必要最小限である。
主たる機能は、以下の6つ。(全ての機能は、上記ドキュメントを参照のこと)

:EvervimNotebookList ノートブックの一覧を表示する。
:EvervimListTags タグの一覧を表示する。
:EvervimSearchByQuery {query} 検索文字列を指定して、ヒットしたノートの一覧を表示する。
:EvervimCreateNote 新規ノートを保存するためのバッファが開かれる。
:EvervimOpenBrowser ノートをブラウザで開く。
:EvervimSetup アカウントのセットアップを行う。

これらのコマンドを、.vimrcにショートカットに定義する。 ぼくは"\"のあとのアルファベットとした。
検索文字列は、\sと打ったあと、続けて入力するようにする。

" Evervim
nnoremap <Leader>l :EvervimNotebookList<CR>
nnoremap <Leader>s :EvervimSearchByQuery<Space>
nnoremap <Leader>c :EvervimCreateNote<CR>
nnoremap <Leader>b :EvervimOpenBrowser<CR>

" open browser
nnoremap <Leader>o <Plug>(openbrowser-smart-search) 

これで環境設定は終了であるが、これはEvernoteクライアントのエディタを変更したと解釈してもよい。なんてすばらしいのでしょう。

こんどはubuntuのvimも同じ設定をしておこう。

余談であるが、vimでyankしたときに、ウィンドウシステムのクリップボードに入ってくれるといいと思ったが、今回vimを入れ直したことで、それも可能となった。 詳しくは、こちらの解説を。

vimエディタからクリップボードを利用する。

OS Xの標準vimは、+clipboardのオプションを付けてコンパイルされていなかったが、homebrewでhomebrew/dupesのリポジトリから入れたvimは、+clipboardになっていた。嬉しい。



sylphide_ffr31mr at 00:24コメント(0)トラックバック(0)技術  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ