2010年05月06日

初の白鳥と星空撮影

今回の山中湖への旅行では、ぼくと妻でそれぞれ目的があった。

妻は、野生の白鳥を見ること。
ぼくは、星空を撮影すること。

初日、大きな白鳥の遊覧船に乗り、湖を一周。
すると、遠目に白鳥を発見!
かなり遠くなので、ちょっとぶれてしまいましたが、ちゃんと飛び立つ瞬間を見ることができた。


EOS50D EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM (1/160 f/11 ISO200)

その日の夜。
雲がなく星がきれいに見えたので、子供たちを寝かしこんだあと、三脚をかついで外に出る。
頼りは街灯と走っている車のライトと、手に持ったiPhoneの光。
懐中電灯を持ってくるべきでした。こういうところが、初心者。
昼間散歩したときに、目をつけていた「夕焼けの渚」に行く。
暗いので、ほんとうにおそるおそる足を出すという歩き方。
そしてシャッター速度30秒に固定し、ISOと絞りをいろいろ変えながら何枚ともなく撮る。
一番きれいに撮れたのがこれ。


EOS50D EF28mm F1.8 USM (30 f/2.8 ISO400)

そして、中心部分(赤枠の部分)を拡大してみると。

たった30秒の露光時間でも、こんなに線を描いている。
地球は間断なく回転していることがよくわかります。



sylphide_ffr31mr at 22:53コメント(0)トラックバック(0)写真  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
プロフィール

やすき

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ