2010年03月26日

『人間失格』太宰治/青空文庫

青空文庫は、著作権の切れた作品をボランティアの方が入力して公開してくれている電子書籍。
いままでは海野十三とか江戸川乱歩とかばっかり読んでいたが、今日はなんとなく太宰治の『人間失格』などを読んでみた。

ウツな時には読むんじゃないものだろうな、と思いながら・・・。
読み始めてみると、すぐに夢中になり、朝に読み始めてその日のうちに読み終わってしまった。
なんか最近、映画化もされているようですね。

文学を語れるほど、いい読み手ではないので、簡単に感想。

誰もがもっている弱い部分?、脆い部分?・・・うまい表現がみつからないけど・・・を精錬抽出したような主人公。
少年時代と青年時代、成人後の3部の構成で手記の形式で語られていく人生。
この主人公は誰が読んでも、自分に似ている(部分がある)と感じるような、普遍性があるキャラクタだと思う。
だからこそ、共感が多く、名作として長く読まれているのだとは思うが。

みんなこういう弱い部分、恐怖感のようなものを持っているんだよ。自分だけじゃないんだよ。と捉えてみる。

思ったよりは、ウツウツした気分になる話ではなかったな。
スキッと晴れやかになるものでもないが。
冒頭と結末についている「私」の視点からのエピソードが、救いを感じさせているのかもしれない。


sylphide_ffr31mr at 22:41コメント(0)トラックバック(0)  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
プロフィール

やすき

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ