2007年12月04日

標準ズーム 購入選定

クリスマス商戦にのって、交換レンズの購入を真剣に検討した。
カメラはEOS kissDNで、ボディのみの重さは485gである。
手持ちのレンズは、以下の2つ。
  • EF-S 18-55mm F3.5-5.6 II USM (レンズキット)
  • EF 50mm F1.4 USM
新しいレンズに求める改善点は、以下だ。
  • APS-CサイズのCMOSセンサーであるゆえに、50mm単焦点レンズは1.6倍の80mm相当になってしまい、望遠すぎる。通常の会話距離で子供撮りをできる(50mm÷1.6≒)30mm程度の常用レンズがほしい。
  • 常用レンズは、室内撮りも多いので、F2.8かそれ以上の明るいレンズでありたい。
上記条件に合うレンズを、現在のメーカラインナップからピックアップしてみる。
いま流行の高倍率レンズは、いまいち画質品質が信用できないので極力外す。また今回は常用性を主眼におき、ある程度広角から望遠にズームできる利便性をとり、単焦点は外す。

まずは、F値を最優先にピックアップしてみる。カッコ内は定価。

標準ズーム 明るさ優先
Canon
EF24-70mm F2.8L USM (\220,000)
EF-S 17-55mm F2.8 IS USM (\143,000)

SIGMA
24-70mm F2.8 EX DG MACRO (\67,000)
18-50mm F2.8 EX DC MACRO (\60,000)

TAMRON
SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO Model A09 (\55,000)
SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16 (\50,000)

TOKINA
AT-X 165 PRO DX (16-50mm F2.8) (\113,000)

次に、F値は犠牲にしても、手ぶれ補正がついていれば、それで補完できるとの考え方から、手振れ補正付きに焦点を絞りピックアップ。

標準ズーム 手ぶれ補正優先
Canon
EF-S 17-85mm F4-5.6 IS USM (\87,000)
EF24-105mm F4L IS USM (\145,000)
EF28-135mm F3.5-5.6 IS USM (\78,000)

TAMRON
AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical [IF] MACRO Model A20 (\80,000)

SIGMA
18-200mm F3.5-6.3 DC OS (\79,000)

最後は、標準にカテゴリされていないが、広角カテゴリでも35mmをサポートするレンズはあるので、広角ズームからピックアップ。

広角ズーム
Canon
EF17-40mm F4L USM (\120,000)
EF20-35mm F3.5-4.5 USM (\80,000)

TAMRON
SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD Aspherical [IF] Model A05 (\60,000)

SIGMA
17-35mm F2.8-4 EX DG ASPHERICAL /HSM (\70,000)


レンズに関する口コミを集めたデータベースEOS-D-SLR.net等で、各レンズの評判を読み解いていき、画像品質や使い勝手をあつめてみる。

購入に際し自分の大事だと思っている指標は、上記の要望と買った後のワクワク感を鑑みて、以下の三点に絞られることがわかった。
 ・明るさ
   今までの経験から、自分の家のリビングでは1/60でF2.0、ISO400くらいで撮っている。
   単焦点のF1.x台の値でないかぎり、開放がF2.8であれば手ぶれ補正は必須。
 ・画像品質
   L玉は憧れであるが、価格的に手が届かない。
   しかし、少なくともレンズキットよりは明らかに良いものとしたい。
 ・価格
   5万前後くらいが予算的に限界。

価格ドットコムを中心に、定価と実売価格を比較してみると、以下のような表になる。
google spreadseets

結果、いろいろ妥協しつつ候補に残るのは以下の4つ。
カッコ内は、実売価格。

  • EF-S 17-55mm F2.8 IS USM (\100,000)
  • EF-S 17-85mm F4-5.6 IS USM (\60,000)
  • EF17-40mm F4L USM (\82,600)
  • SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD Aspherical [IF] Model A05 (\40,000)

  • それぞれを見ていくと。

    EF-S 17-55mm F2.8 IS USM (\100,000)
    スペックとしては理想的。しかし、予算が明らかにオーバーである。
    マップカメラで中古をみても、ほとんど値引きされていない。
    しかも950gとは、大きさや重さ的にも、kissDNには不釣合い。
    そしてなによりも、自分の腕に対してオーバークオリティなレンズである・・・(T_T)

    EF-S 17-85mm F4-5.6 IS USM (\60,000)
    暗いが、手振れ補正に期待。発売時期からしても若干古さを感じ、手振れ補正機能も弱そうである。が、値段的にちょうどいい。望遠側がレンズキットよりも多く、136mm相当までいけるところは、望んではいないが楽しみである。重さも475gと、kissDNと釣り合いそう。中古なら4万くらいで買えるのも、現実的である。

    EF17-40mm F4L USM (\82,600)
    憧れのL玉であるが、F値からいって手振れ補正もなく室内撮りでは厳しそうである。
    中古での価格も下がっておらず、予算的にも厳しい。
    35mmフルサイズは必要としないので、これを買うならもう2万だしてEF-S 17-55mm F2.8 IS USMに行ってしまうだろう。

    SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] Model A16 (\36,000)
    レンズキットよりも明るく、おそらく多少画質もよく、価格もお手ごろ。しかし格段突出した機能がなく、おもしろみはないなぁ、というところが欠点か。AF駆動が、超音波モータでないのでうるさいだろうというのが、唯一落ちるところ。


    というわけで、期待感と妥協点の天秤にかけ、EF-S 17-85mm F4-5.6 IS USMに決定!

    EF-S 17-55mm F2.8 IS USMは、いつかカメラ本体を買い換える時期がきたらかもしれない。



at 15:34コメント(1)トラックバック(0)未分類  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by カカオ(ブログdeフォトコン)   2007年12月21日 23:52
レンズ購入おめでとうございます^^
17-85、私も使ってます。キスデジNと同時購入しましたw
ズーム倍率が高いので収差はかなり大きくボケ味もLレンズなどに比べてしまうとチョット厳しい感じはしますが、何と言っても「使い勝手」の面ではピカイチですね。
手ブレ補正よりもフルタイムMFが使えるのが気に入って決めましました。
24-70を購入してからは出番が減りましたが、子供と出かけるときや荷物を極力減らしたい時はこの1本で行く時もよくあります。
私の今の狙いは16-35かなぁ、、、
その前に5D後継機、早く発表にならないかな^_^;

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
プロフィール

やすき

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ