2010年01月09日

洗濯機AW-8VGが来た

年末くらいから洗濯機が動作中に電源が切れる障害が多発しており、洗濯がかなり滞ってしまっていた。
先週の日曜日にヨドバシに行き、注文していた洗濯機が今日届いた。
買ったのは、東芝のAW-8VG(WP)


シャープの、洗濯槽に穴がない機種とも迷ったのだが、クズ取部分の差で、東芝の勝ち。
くず取り部分が網だと、長く使っていると破けてしまう。
東芝の洗濯機では、そこがプラスティックになっていたので、手間がかからなそう。


動かしてみると洗濯は静か。脱水は、前のほうが静かかな。その分、早く終るのかもしれない。(希望・・・)

驚いたのが、最近の洗濯機は洗剤が自動投入ではないということ。
いままでの洗濯機は、上部に粉洗剤タンクがあり、そのタンクから適量を自動で投入してくれていたのだが、詰まりなど故障の原因となるらしく、最近の洗濯機には自動投入装置がついておらず、都度人間が適量を測って、洗剤口に入れていかなければならないとのこと。
これは、人間の手間を増やす退化だなぁ、と思ってしまった。

さて、今回は洗濯乾燥機である。
いままでのは洗濯のみだったので、乾燥機を後付したのだが、今回は乾燥機付きにした。
洗濯自体は、30分~小1時間で終わるのに対し、乾燥は3~4時間くらいかかる。
そこで、一回目の洗濯が終了後、上部の乾燥機に渡し、二回目の洗濯は内蔵の乾燥機で行うという作戦。
容量も8Kgにアップしたし、これでかなりスループットが上がるはずだ。

しかし、問題が一個。

洗濯オンリーの機種であれば、乾燥機の排水を受け取る口がついている。
だが、洗濯乾燥機の設計者は、乾燥機が別に準備されていることは想定していない。なので、乾燥機の排水先がなくなってしまったのだ。
上記の写真で、Uの地にぶら下がっているホースが見えますね。これが、乾燥機からの排水ホース。
前の洗濯機では、その背面に接続されていたもの。
そんな存在を忘れていたので、取り付けるお兄さんが困ってしまっていた。
ないものはしょうがないので、排水ホースを長くして、直接排水口に入れるしかない。その工事は、明日やることにする。
乾燥機を持っているのに、洗濯乾燥機を買おうとしている人は、なんらかの対策を考えてから買いましょうね。

追記 2010/01/26
後日談書きました。 



sylphide_ffr31mr at 19:23コメント(0)トラックバック(0)その他  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新コメント
プロフィール

やすき

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ