2011年12月06日

本屋さんでこのような素敵なものを売っているらしい。

藤子・F・不二雄ミュージアムができた記念の図書カード。
全集の第三期がはじまった記念でもあるのかもしれない。

IMG_2011_12_06_22_47_19_3239-800


ぼくのために、妻が買ってきてくれた。

うれしい~

でも使えない~


どら焼きを食べているドラえもんのイラストは、単行本の表紙のもの。とっても懐かしい。
どうもありがとう!


sylphide_ffr31mr at 23:01コメント(0)トラックバック(0)ドラえもん家族 

2011年11月19日

iPhoneを使っていると、bluetoothwpOFF/ONしたり、画面ロックを無効にしたいことがままある。
設定画面からメニューを辿っていくのが煩わしいと常々思っていた。
iPhoneアプリで、画面ロックをワンタッチで切り替えるることができないかと探してみたりもしたのだが、URIスキーマという機能を使うと、設定画面をダイレクトに呼び出すことができることがわかった。
iOS5からの新機能である。
SafariのURL欄にURIスキーマを入力すれば、通常のHTMLアンカーと同じじように動作する。

設定画面からのURI schemeリストをリンクで用意した。以下のページをiPhoneで読み込んで、リンクをタップすると、設定画面に飛ぶことができる。

URI scheme List


URIスキーマのリストは、こちらのページからいただいた。

[UPDATE6]iPhoneの設定画面をサクッと開く方法 -『Touch Icon Creator』でURLスキーム対応アイコンを簡単に作る


しかし、そのスキーマで画面にジャンプする前のURLリンクをホーム画面にアイコン登録するのが難しい。
PCのように、デスクトップにショートカットがをおいて、プロパティでURL(この場合URI scheme)に書き換えればいいとは単純にはいかない。
safariにしかホーム画面にアイコンを登録できる機能はないし、アプリをのAPIでもその機能をは提供されていないようだ。

その問題を解決するアプリが、touch iconというアプリのようだ。


iOS5でWi-Fiなどの設定画面を一発で開けるアイコンを作れることが判明


このページの手順で、簡単にホーム画面に設定アイコンを設定できた。

はたして、touch iconではどのように登録しているのか?

リバースエンジニアリングっぽく調べてみた。

safariのURL欄に、直接javascriptを埋め込む形で実行しており、そのjavascriptごとホーム画面アイコンにしているようだ。
URLから飾りの部分を削除して、仕組みの部分のみを抽出すると、以下のようになる。

data:text/html;charset=UTF-8,<head>
<title>WIFI</title>
<meta name="apple-mobile-web-app-capable" content="yes" />
<meta http-equiv="content-type" content="text/html;charset=utf-8" />
</head>

<body>
<a id="link" href="prefs:root=WIFI"></a>

<script type="text/javascript">
  if (window.navigator.standalone) {
    var e = document.getElementById("link");
    var ev = document.createEvent("MouseEvents");
    ev.initEvent("click",true,true);
    e.dispatchEvent(ev);
  }else {
    document.write("このページをホーム画面に追加してください。<br />");
  }
</script>
</body>

上記を一行にまとめたものが、以下である。
data:text/html;charset=UTF-8,<head> <title>WIFI</title> <meta name="apple-mobile-web-app-capable" content="yes" /> <meta http-equiv="content-type" content="text/html;charset=utf-8" /> </head> <body> <a id="link" href="prefs:root=WIFI"></a> <script type="text/javascript"> if (window.navigator.standalone) { var e = document.getElementById("link"); var ev = document.createEvent("MouseEvents"); ev.initEvent("click",true,true); e.dispatchEvent(ev); }else { document.write("画面下のボタンをタップして、このページをホーム画面に追加してください。<br />"); } </script> </body>

これをコピペして、タイトルとURLスキーマの部分を書き換えて、メールでiPhonenに送り、それをsafariで開いて、その画面をホーム画面に登録をすると、設定画面に一発で飛べるアイコンを作ることができる。
アイコンイメージは登録できないので、あくまで実験としてお使いください。

上記リンクの作者様、情報ありがとうございます。
そして、touch iconの作者さんは、すごいことを考えたものです。
便利なツールをありがとうございます。




sylphide_ffr31mr at 00:53コメント(1)トラックバック(0)技術iPhone 

2011年11月09日

エプソンからヘッドマウントプロジェクタが発売された。
シースルータイプというのが、実にそそられるが、メディアプレイヤー的な扱いなので、少しぼくが望んでいるものとは異なる。

部屋の中でじっくりと映像を見るというよりは、外で行動しながらオンラインでいられるデバイスを期待したい。
ブラザーの単眼ディスプレイのほうがイメージに違い。
いわゆるスカウタータイプのものだ。

ふだんiPhoneとbluetoothヘッドフォンを使っていると、iTune操作も耳元のスイッチ類でできて、ちょっとしたウェアラブルコンピューティング感を味わえる。
これに、入力デバイスと出力デバイスであるスカウターがあれえばいいのにと妄想をする。
以下がそんな妄想である。

1.ヘッドマウントディスプレイ
 
通話、IM、Web閲覧などのオンライン活動を、屋外などオフラインの行動の妨げにならないように行いたい。そのため、頭からヘルメットのように被るタイプは重すぎる。
単眼のシースルータイプのディスプレイで、できるだけ小型なものにする。
網膜投影が理想。耳にかけて支えられ、ヘッドフォンとマイク付きとなる。
視線入力をするためのカメラを付けたいところだが、それは欲張りすぎか。

2.入力デバイス
 
手のモーションを感知して操作をするにしても、グローブをはめるのは大袈裟である。
基本的なマウス程度の操作であれば、指輪程度の大きさのタッチパッドで十分。
人差し指にタッチパッドリングをはめて、指の側面がセンサー部分とする。親指の腹で、そのセンサー平面をなでることで、十分マウスのかわりになるであろう。
それを両手にはめれば、マルチタッチにもなる。

もう少しし複雑なコマンド、例えば文字入力などでは、親指を除く4本の指に、指サック的な指輪をはめる。
第一関節と第二関節の曲げ伸ばしで、そうとう複雑なモーションができる。
これらの指輪には、加速度センサーを組み入れて、腕の振りや傾きに意味を持たせることもできる。

-------------------
2011/11/18追記
サンワサプライから、指輪型のマウスというのは出てました。
あまりかっこよくないけど。
http://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/400-MA031
-------------------

3.本体
 
本体は、iPhoneなどの既存のスマートフォンでよい。上記のようなデバイスを、bluetoothで接続できれば、胸のポケットにしまっておくだけだ。


一番難しいのは、入力デバイスの特性に応じたモーションの意味付けの設計だろう。
こうした新しい入力デバイスで、人間のモーションに対して、自然な反応を返せるシステムとするには、工学だけの問題ではないからだ。



sylphide_ffr31mr at 23:13コメント(0)トラックバック(0)技術 

2011年11月03日

数年前に、一番目ちゃんのお友達からもらったお古の自転車。
久しぶりに使おうと、タイヤに空気を入れたら、こんなことに。

IMG_2011_11_03_10_48_33_2490-600

外側のゴムが劣化していて、中側のチューブ圧に耐えられなかったようで。
写真をとった直後、パンッと大きな音がしてチューブが破裂しました。
子供達もびっくり。

結局、自転車を買うことに。
二番目が使っていたピンクの自転車に補助輪を復活させ、三番目に譲渡。
三番目ちゃんは大喜び。 
そして二番目は新しい自転車を。
一番目の水色の自転車と色違いのオレンジを選びました。
 
IMG_2011_11_03_16_49_37_2588-800

二番目にとっては、今まで16号の幼児用から20号の児童用になったため、文字通り背伸びをした大きさ。
重さと大きさを持て余し気味で、しばらく慣れるまで練習が必要。
人から教わるのが下手な二番目ちゃんには、しばらく試行錯誤をしてもらいましょう。



sylphide_ffr31mr at 18:33コメント(1)トラックバック(0)家族 

2011年11月01日

emacsにもだいぶ慣れてきた。
calender機能があるのだが、今いち使い道がないと思っていたが、google calendarに登録したイベントが 読み込む方法がわかったので、俄然使える機能になった。
ブラウザを起動せず、emacsを終了しなくても、スケジュール確認、登録・削除ができる。
これはすばらしい。
cal1

設定方法は、以下を元ネタにしている。
http://code.google.com/p/emacs-google/wiki/googlecalendar

2 インストール方法

  1. iCalendar.elは、emacsのelispディレクトリに置く
    $ cp icalendar.el ~/.emacs.d/
  2. google-emacsもemacsのelispディレクトリに置く
    $ cp -r google ~/.emacs.d/
  3. gdataは、pythonでインストール 展開したディレクトリで、
    $ sudo python setup.py install

3 設定ファイル

~/.emacsに以下を追記する


;; 1) icalender.elの読み込み
(setq load-path (append (list (expand-file-name "~/.emacs.d/icalendar")) load-path))
(require 'icalendar)
;----
;; 2-1) google calender関連elispの読み込み
(setq load-path (append load-path (list (expand-file-name "~/.emacs.d/google"))))
(require 'google-calendar)
;----
;; 2-2) google calendarの設定
(setq google-calendar-user           "GOOGLE USER ID")         ;;; GOOGLE USER
(setq google-calendar-code-directory "~/.emacs.d/google/code") ;;; PATH TO THE PYTHON CODE
(setq google-calendar-directory      "~/tmp")               ;;; TEMPORARY DIRECTORY
(setq google-calendar-url            "https://www.google.com/calendar/ical//…../basic.ics")  ;;; URL TO YOUR GOOGLE CALENDAR
(setq google-calendar-auto-update    t )                    ;;; DEFINE IF THE CALENDAR IS DOWNLOADED AFTER EVERY MODIFICATION

GOOGLE USER IDは、@gmail.comの@マーク前の単語を書いておく。
code-directoryとcalendar directoryは、適宜書き換える。~/tmpとしたら、忘れずに~/tmpを作っていくこと。 google-calendar-urlは、対象のgoogleカレンダーの設定画面で、以下の限定icalのURLを貼り付ける。

ical_link

 

.emacsに以下を書いておくと、emacsの起動のたびにカレンダーイベント情報がダウンロードされる。 そのため起動は遅くなる。

(google-calendar-download)

4 使い方

主たるキーは以下のとおり。

M-x calenderカレンダーバッファを作成しカレンダー表示
M-x google-calendar-downloadカレンダーイベントのダウンロード
C-c C-g d同上
C-c C-g q quick event add
C-c C-g adetail event add
M-x google-calendar-delete-eventevent delete
dその日の予定を表示
m予定の入っている日を色付けする


sylphide_ffr31mr at 23:07コメント(4)トラックバック(0)技術 
記事検索
最新コメント
プロフィール

やすき

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ